引き取り手ってなんだろうという儚く向かうほど話し合いが無い生計

今日は父親とほんの少ししかお話をしませんでした。
昼前起きておはようって声をかけ、一層おはようの一礼は返ってきました。
「今朝はパンですばらしい?」と聞きました。
そうすると「ええ」という回答が返ってきました。
そしたらぼくは台所にのぼり続け、父親は新聞紙を読みテレビジョンを見ながら自らご飯を食べていました。
そうしてお弁当を渡して、父親が出勤に行くのを見送りました。
「気をつけてね」といった送り出し父親は「ええ」と言いながら出て行きました。
そのとき、本当に顔付きを合うわけでも無く、背中越しに声をかけ、父親が後ろ手に入口を閉め、ぼくは入口が閉まり羽織る前にもう台所に戻りました。
そうして私もパーツに出て、4状態まで仕事をして5ところ帰宅し、夕飯を作って父親の帰りを待ち受けました。
但し帰りが遅いので、夕飯の惣菜をつまみに、ビールを二正式ほど飲んでしまいました。
そうして夜9時半くらいに父親が帰って来ました。
「おかえりー」というお呼びしてあげたら「あ~疲れた疲れた」と父親。
目下やっとお話らしき陳述を聞いたと思いました。
そうしてお風呂を沸かしておいたので、お風呂に入れて、お風呂上りにビールを飲ませて飯を食べさせました。
「お刺身旨い」「飯おかわり」という父親は言いました。
けれどもドラマが面白かったので、二人でドラマに見入ってしまって、それ以上のお話がありませんでした。
ドラマが成し遂げるあたり、父親はソファーで寝ていました。
疲れていたのでしょう、そんな父親を無理に起こしてベットまで引きずっていきました。
も考えてみたら、お話らしきお話もしてなくてちゃんと肉親ってなんだろうってほんのり懺悔しました。
翌日は少なくとも朝めしは私も食膳につき、夜も自ら少なくご飯を食べてしまわないで、父親を待って一緒に夕飯を食べ、もうねぎらったり感謝したりきちんとお話をしようと思いました。http://xn--n9jti3a5gh9hd1134fjbtbegyczk4a.com/